MENU
\ ポイント最大46倍! /

【2023年】最新ジェネレーティブAIまとめました。

ジェネレーティブAIまとめ

こんにちは、画像生成AIのプロンプトを研究している じょじお(@jojio‗illust)です。

この記事は、ジェネレーティブAIをまとめている記事です。

▲AI画像の大量ファイルをプロンプトと一緒に簡単に整理する方法はこちら。

無料のプロンプトガイド

Stable Diffusionのプロンプトエンジニアリングの基本について理解したい方には、初心者向けのプロンプトガイドを作りましたのでそちらを見てください!

目次

ジェネレーティブAIとは?

ジェネレーティブAIとは、機械学習の一分野で、人工知能が自ら新しいデータを生成することができる技術のことを指します。具体的には、入力データに基づいて、似たような特徴を持った新しいデータを生成することができます。

ジェネレーティブAIは、画像、音声、自然言語など、様々なデータ形式に対して使われます。例えば、画像の場合、ジェネレーティブAIは、学習済みのモデルを使用して、顔写真を生成することができます。また、音声の場合、音声合成技術を使って、人工的に音声を合成することもできます。

じょじお

2022年のChatGPTの登場以来、ジェネレーティブAIは爆発的に増えてます!

画像生成AI

Nijijourney
筆者が画像生成AI Midjourney(ミッドジャーニー)で生成した絵

画像生成AIとは、人工知能を使って、テキストなどの情報から画像を生成する技術のことです。

大分類名前説明関連記事料金実用度小分類日本語プロンプト
画像Stable DiffusionStability AI社のオープンソースのAIモデルStable Diffusion初心者向けガイド無料★★★★★Text-to-Image
Image-to-Image
拡張機能を使えば〇
画像Midjourney芸術性の高い画像を少ないプロンプトで生成。Midjourneyの使い方有料のみ★★★★★Text-to-Image
Image-to-Image
対応
画像にじジャーニーミッドジャーニーのサブ機能。アニメイラストに特化。Nijijourney v5登場有料のみ★★★★★Text-to-Image
Image-to-Image
対応
画像leonardo.ai生成される画像は、midjourneyに近い。画像生成AIを無料で使い人におすすめLeonardo.aiで無料でカスタムモデル作成無料運用可能★★★★★Text-to-Image
Image-to-Image
画像NovelAIアニメ系のイラストが得意。ControlNetが使える。UIが使いやすいNovelAIの使い方有料のみ★★★★★Text-to-Image
Image-to-Image
画像Dall-Eプロンプトに忠実。OpenAI社。インペインティング、アウトペインティングに対応Dall-E2の使い方無料運用可能Text-to-Image
Image-to-Image
画像Adobe Fireflyテキストからグラフィックアートを作成。タイトル文字など。Adobeの素材の中から学習しているらしい。現在は機能が3つしかないが、今後はかなり多くの注目機能が追加されることを発表している。Adobe Fireflyの使い方現在はベータ版のため無料Text-to-Image
画像Bing Image creatorMicrosoftがDall-E2をベースに作った。Windowsに標準搭載されているBingに標準的に搭載されるようなので、最も身近な画像生成AIになりそう。Bing Image creatorを使ってみた。無料Text-to-Image
画像DeepFloyd IFStable Diffsionを開発した、Stability AI社が提供するサービス。テキストを画像の中に含めることが得意。Text-to-Image
画像Bicasso仮想通貨取引所バイナンスが運営するAI画像生成サービス。作成した画像をBNBチェーン上でNFT化できるのが特徴。Text-to-Image
画像Blue WillowsMidjourneyのようにDiscord上でテキストから画像を生成できる。無料でも商用利用ができる。無料Text-to-Image
画像Lexica(レキシカ)Stable Diffusionで生成した画像のデータベース的なサイトだったが、画像生成も可能になった。無料プランでも画像生成が可能Text-to-Image
画像
写真編集
CanvaデザインツールCanva上で動作する画像生成AI。精度やクオリティは日々進化している。Canvaはそれ以外にもAIを利用したイメージトゥーイメージや背景リムーバ機能などの便利機能が豊富。Canvaの画像生成AI無料運用可能Text-to-Image
画像
写真編集
clipdropAIで画像の加工・レタッチができるツール。背景削除、Stable Diffusion Reimagine、アップスケール、テキスト削除などができる。Text-to-Image
Image-to-Image
写真編集Luminar NeoLuminar Neoは写真愛好家が革新的なAI駆動ツールを使って思い描いた美しさを表現できる、簡単な写真編集ソフトウェアです
画像生成AIのまとめ

おすすめの画像生成AI

下記の記事でおすすめの画像生成についてまとめていますので、よろしければご覧ください。

テキスト生成AI

画像生成AIと同様に、テキスト生成AIは人工知能を使って、自動的にテキストを生成する技術のことです。テキスト生成AIは、機械翻訳、自動要約、文章生成、対話システムなどの分野で使用されています。

テキストChatGPTOpenAIが提供する対話型AI。様々な問題解決を自然言語の対話で行える。ChatGPTの使い方現在は無料利用可能★★★★★★Text-to-Text
Text-to-code
対応×
テキストEdge copilotMicrosoft が発表したMicrosoft 365 Copilotの一部。Edgeの横にあるチャットから使う。無料★★★★★Text-to-Text対応
テキストperplexityWebサイトを検索して要約してくれるAI。参考サイトのURLも提示してくれる。ユーザー登録やログイン不要。スマホアプリあり。日本語対応。無料★★★★★Text-to-Text対応
テキストCatchy日本の企業が提供するAIによる文章生成サービス。Webベースで動作し、クレジットを消費しながら利用する。機能の種類がめちゃめちゃ豊富。Catchyの使い方有料Text-to-Text対応×
テキスト文心一言(アーニー・ボット:Ernie Bot)バイドゥ(百度)が3月に発表した大規模言語モデル。発表後に株価が下がるほど、発表時点の出来は悪かったらしい。Text-to-Text
テキストCohesive AIテンプレートが豊富なライティングツール。インプレッションのつきやすい絵文字を多用したツイート、SEOを意識した文章の作成、ブログの見出し下に挿入する画像の提案無料プランあり★★★Text-to-Text対応だけど応答は英語。応答を翻訳機能する機能あり×
テキストGoogle BardGoogleが開発するAIチャット。現在はまだ日本語非対応★★★Text-to-Text
Text-to-code
非対応
テキストHuggingChatコミュニティの優秀なAIチャットモデルを誰でも利用できるようにする。現在は日本語非対応。2021年9月までの知識を持つ。無料★★★Text-to-Text
Text-to-code
対応×
テキストChatPDFPDFを読み取って要約ができる。無料ユーザーは120ページまで★★★★★pdf-to-Text対応×
テキストCatGPT問題解決とともに猫のGIFを添えてくれる。無料★★Text-to-Text
Text-to-Gif
対応×
テキストOasis AI声でチェットできるAI、iPhone、Android対応無料プランあり?Voice-to-Text??
テキストStable VicunaStable Diffusionを開発したStability AI社が発表した初の大規模オープンソースRLHF LLMチャットボットText-to-Text
Text-to-code
テキストNotion AINotion上で動く。文章書いたり、テーブル作ったりしてくれる。レスポンスがめちゃくちゃ速い。文章を書くためのサポートツールとして優秀Notion AIでテーブル作成有料(フリートライアルあり)★★★★★Text-to-Text対応×
テキストUbersuggestSEOのためのキーワード分析などができるUbersuggestに、AIライター機能が追加されました。​この機能を使うと、​キーワードを入力するだけで、​AIが自動的に記事を作成してくれます。​この機能は、現在ベータ版で英語のみ対応しています。
テキストnote.com note AI アシスタント日本でブログプラットフォームとして人気のnoteの編集画面で利用できる文章作成アシスタント。2023年4月にnoteユーザーは誰でも利用できるようになった。ただし無料ユーザーは回数制限あり。無料ユーザーは月に数回利用可能★★★★★Text-to-Text対応×
テキストブンゴウSEOを意識したAIライティングツール

おすすめの使えるテキスト生成AI

動画生成AI・動画編集AI

下記は、テキストから動画を生成したり、動画編集をサポートするAIです。

動画生成
動画編集
Runway Gen-1,Gen-2Stable Diffusionの開発にもたずさわったRunway社が発表した動画生成AI「Gen-1、Gen-2」をベースにした動画生成サービス★★★★★Image-to-video
Text-to-Video
動画生成D-ID creative reality studio音声ファイルかテキストと1枚の画像から口パク動画を作成D-ID creative reality studioの使い方Image-to-video
動画生成Sadtalker音声ファイルと1枚の画像から口パク動画を作成Sadtalkerの使い方Image-to-video
動画生成Model ScopeStable Diffusion WebUI対応。Stable Diffusion WebUIでModel Scopeを使う方法Text-to-video
動画生成Elai.io原稿から口パク動画を作成Image-to-video
動画生成Pictoryテキストから動画を生成。ブログ記事のURLから生成することも可能
動画生成Brew動画からAIで文字起こし(字幕をつける)。テキストから動画を生成することも可能。無料ユーザーでも一部商用利用できる。
動画生成leiapix converter画像をぷるぷる動かす。Webベース、無料。超かんたん。静止画をAIで動画できる!LeiaPix Converterの使い方Image-to-video
動画生成KaiberリンキンパークがMusic Video作成に作ったことでも話題になった。Kaiberの使い方Image-to-video
Video-to-video
動画生成mov2movStable Diffusion WebUIプラグイン。Video-to-video
動画生成Animated DrawingsMetaのAI研究所であるMeta AIが発表したキャラクターの静止画をアニメーションに変換するオープンソースプロジェクトAnimated Drawings Demoの使い方Image-to-anime
動画生成DeforumStable DiffsionでGIFっぽいパラパラ漫画を作成できる。
動画生成HeyGen(Movio)Movioは、​静止画やイラスト、​テキストを使って動画を作成することができるAIツールです

自律駆動型AI

自律駆動型AIは、入力パラメータとしてゴールをひとつ与えると、AIが問題解決までに必要なタスクを考えてそのタスクを自動実行します。

AIエージェントと呼ばれることもあります。

下記は自動駆動型AIです。

自律駆動型AIGOD MODEゴールを決めると、それに達するまでに必要なタスクを自分で考えて洗い出し、そのタスクをこなす。OpenAIキーが必要。無料Text-to-Text
自律駆動型AIAutoGPT自律して問題解決までのプロセスをすべて自動で行う。コマンドラインでローカルで動かすので導入ハードルが高い無料★★★★★Text-to-Text
自律駆動型AIAgentGPTGUIでクラウドで使えるAIエージェント。Web検索はできないっぽい。無料Text-to-Text

デザインの補助をしてくれるAI

下記はWebデザインやロゴデザインの補助をしてくれるAIツールです。

デザインMicrosoft Designerデザインができる。ウェイトリスト登録済みText-to-Design
デザインStudio AIStudioは日本企業が提供するノーコードWebデザインツール。そのツールにAI機能が搭載される。機能は、アニメーション・レスポンシブ対応・文章生成・サポートウェイトリスト登録済みText-to-Design
デザイン10WebAIがWordpressでサイト作成を手助け
デザインHuemintAIによるカラーパレットジェネレータtext-to-color
デザインColorMagicAIによるカラーパレットジェネレータtext-to-color
デザインCanvaデザインツールCanva上で動作する画像生成AI。精度やクオリティは日々進化している。Canvaはそれ以外にもAIを利用したイメージトゥーイメージや背景リムーバ機能などの便利機能が豊富。Canvaの画像生成AI無料運用可能Text-to-Image対応
デザインVectorizer画像をベクター化(パス化)する。SVGやEPSなどに対応。
デザインDesigns.aiテキストからパターン画像を生成できる
デザインGalileo.aiシンプルなテキストの説明から、楽しく編集可能な UI デザインを作成します。これにより、これまで以上に迅速に設計できるようになります。Figmaにエクスポートできるらしいので、枠組みだけAIだけ作ってFigmaで微調整という行程になりそう。
デザインGenius by DiagramFigmaでユーザーのアシスタントをしてくれるプラグイン。Figmaのユーザーの作業を学習して、デザイン効率化の提案を行う。

3Dを作成できるAI

3DSpline AISDモデルを作れる。Webサイトに埋め込み可能
3DLuma AILuma AIは、Luma Labs社が開発した、Neural Radiance Fields(NeRF)を使ってフォトリアルな3D画像をキャプチャする3Dキャプチャソフトです。数枚の写真から3Dを生成します。

チャットボットを生成できるAI

チャットボットChatbaseサイトURLから超絶簡単にChatBotを作成。
チャットボットmiiboオリジナルのチャットボットを簡単に作成できる日本のサービス。

その他のAIツール

その他SlideGPTプレゼンテーション用のスライドをテキストから自動作成
その他Clarity CopilotMicrosoft clarityはMicrosoft が提供する無料で使えるヒートマップ。ヒートマップはWebサイトのユーザー行動を分析する。Clarityに追加予定のCopilotは分析から改善提案を自動でやってくれるらしい。

まとめ

以上、ジェネレーティブAIについて紹介しました。

じょじお

最後まで読んでくださってありがとうございます!
この記事がお役に立てましたら、シェアボタンからシェアしていただけたら嬉しいです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次