MENU
\ ポイント最大46倍! /

【初心者向け】ChatGPT 回答条件を絞って、欲しい回答へすぐにたどり着く方法

こんにちは、画像生成AIでひたすら猫のイラストを生成しているブロガーのじょじお(@jojio‗illust)です。

この記事では、ChatGPTに「回答条件を絞るテクニック」をまとめました。

ここで紹介するテクニックを習得することで、ChatGPTによる問題解決が素早く行えます。

▲ChatGPTを始めて使われる方はまずはこちらの記事をご覧ください。無料アカウント登録の方法から解説しています。ChatGPTでブログを一から作ってみた記事。

▲ChatGPTの開発元OpenAIが提供するAI画像生成サービスを無料で使う方法はこちら。

目次

ChatGPTの「回答条件」を指定する理由

ChatGPTで回答条件を絞って質問するメリットは、回答をより正確で、的確にすることができることです。

ChatGPTは、広範なトピックについて知識を持っていますが、欲しい回答が必ずもらえるとは限りません。

しかし、回答条件を絞ることで、ChatGPTに対してこちらの意図をより詳細に提供することができます。

すると、ChatGPTは一撃で適切な回答を生成する可能性が高くなります。

じょじお

回答条件を指定することで、欲しい回答に早くたどりつけるよ。

ChatGPTの回答条件を指定方法

ChatGPTでは、回答についてさまざまな条件をつけることができます。

例えば、下記のような条件です。

  • 〇〇について、小学生低学年でもわかるような文章で回答して!
  • 〇〇について、30文字以内で回答して!
  • 〇〇について、テーブル形式で回答して!

このように回答の条件を指定することで、あとで利用しやすいです。

この項ではこのような回答条件について、良く使う例をまとめました。

ChatGPTの回答条件の例
  1. 文章スタイルの指定:
    • 回答に含める文章のスタイルを指定することができます。例えば、文章全体を敬体にする、タイトルを付ける、箇条書きにする、などがあります。
  2. 文字数を指定する
    • 回答に含める文字数を指定することができます。例えば、100文字以内にまとめる、500文字程度の長文で回答する、などがあります。
  3. 回答数・候補数・提案の数を指定する
    • 回答する数を指定することができます。例えば、3つの回答を提供する、10候補の中から選ぶ、3つの提案をする、などがあります。
  4. 言語を指定する(日本語・英語・etc)
    • 回答する言語を指定することができます。例えば、日本語で回答する、英語で回答する、などがあります。
  5. 情報源を求める
    • 回答に必要な情報源を指定することができます。例えば、特定の書籍、ウェブサイト、論文などがあります。
  6. リスト形式(番号付きリスト、記号付きリスト)
    • 回答をリスト形式で提供することができます。例えば、番号付きリストで回答する、記号付きリストで回答する、などがあります。
  7. テーブル形式(表形式)
    • 回答をテーブル形式で提供することができます。例えば、表形式で回答する、などがあります。
  8. Markdown記法
    • Markdown記法を使用して回答を提供することができます。Markdown記法を使用することで、回答の見栄えを整えることができます。
  9. 並び替え
    • 古い順や新しい順に並び替えることができます。
  10. その他の独自の形式:

1.文章スタイルの指定

文章のスタイルを指定すると文章スタイルを調整できます。

ChatGPTで6歳児でもわかるような文章を作成する
ChatGPTで6歳児でもわかるような文章を作成する
  • です。ます調で。
  • カジュアルな文章で。
  • フォーマルな文章で。
  • ビジネス向け文章で。
  • 6歳児にもわかるような文章で。

2.文字数の指定

文字数を指定することで、ChatGPTの回答の文字数を調整できます。

  • 30文字以内で。
  • 3行以内で。
  • 1000文字以内で。

3.候補数・回答数・提案の数

回答数を指定することで、複数の回答を得ることができます。

  • 〇〇について、いくつかの案をください。
  • 〇〇について、なるべくたくさんの回答をください。
  • 〇〇についての記事を書いています。クリックされやすい記事タイトルを3案ください。
  • ゴシック建築の代表的な建築家を3名教えて

4.言語を指定する(日本語・英語・etc)

回答言語を指定することで、ChatGPTの回答言語を指定できます。

  • 回答は日本語でください。
  • 英語でお願いします。
  • 日本語名:英語名」の形式で回答してください。
じょじお

ChatGPTの回答は、英語の方が信頼度が高いといわれています。このため、日本語と英語を同時に出力することもおすすめです。

5.情報源を求める。

回答についての関連記事や情報源のリンクを求めることで、ChatGPTの回答に関連記事をつけてもらうことができます(ある場合)。

  • 日本の現在の人口を教えてください。それについての関連記事のリンクもつけてください。
  • ジャンクフードばかり食べているとどのような病気の危険性がありますか?参考文献があればurlも教えてください
  • 「〇〇は△△だ」という情報の信憑性について、有力記事を重要度の高い順に3つ教えて

6.リスト形式(番号付きリスト、記号付きリスト)

回答をリスト形式で求めると、ChatGPTの回答をリスト形式でもらうことができます。

  • 回答はリスト形式でください。
  • 回答は記号付きリスト形式でください。
  • 確定申告に必要なステップを番号付きリスト形式でください。
ChatGPTの回答をリスト形式でもらう
ChatGPTの回答をリスト形式でもらう

7.テーブル形式(表形式)

ChatGPTにテーブル形式で回答を求めることで、ChatGPTの回答にHTMLのテーブルを含めることができます。

  • 抽象画を代表する画家を下記のテーブル形式で教えて。
    画家名(英語名)|画家名(英語名)| 画家の説明

8.Markdown記法

ChatGPTの回答は、簡単なHTMLの装飾を付けることができます。H2タグ、H3タグ、リスト、リンクなどです。

HTML装飾を付ける方法はいろいろとあるかと思いますが、Markdown記法を使うのが簡単かと思います。

ChatGPTの回答をHTMLの装飾付きでもらうと、ブログにそのままコピペで使う際も便利です。

方法については下記の記事をご覧ください。

9.並び替え指定

順番を指定する事で回答の順序を調整できます。

ChatGPTで回答の順序を指定する。
ChatGPTで回答の順序を指定する。

10.JSON形式・CSV形式・TSV形式

  • 編み物のジャンルの名前を下記のJSON形式で。 編み物の名前:説明
ChatGPTで回答をJSON形式でもらう。
ChatGPTで回答をJSON形式でもらう。

11.その他の独自の形式

上記以外にも質問者の注文次第でいろいろな形式で回答をもらうことができます。

何か発見したら追記していきます。

ChatGPTの回答に対する修正・改善テクニック

ChatGPTは、一回回答をもらったら終わりではありません。

もらった質問に対して、議論したり修正したりすることができます。

この項では、ChatGPTからもらった回答に対してできることを紹介します。

1.回答の続きをもらう。

ChatGPTの回答には文字数制限があります。この文字数制限によって、回答が途中で途切れてしまうことがあります。

下記のようにテキストを入力することで回答の続きをもらうことができます。

  • 「続き」
  • 「続きたのむ」

2.別の回答をもらう。

ChatGPTの回答が望むものではなかった場合、修正してもらうことができます。

  • 上記の回答について、ユーザーに寄り添った目線からの別案も3案ください。

3.回答を修正してもらう。

  • もう少しカジュアルな文章に修正して。
  • 文字数が少ないから、600文字以内に文字数を拡張して。

4.回答に対して質問する。

  • どうして?
  • どこを修正した?修正箇所と修正理由もつけて再出力して。
  • その回答中の「〇〇」ってどういう意味?

ChatGPTの覚えておきたいその他のテクニック

URLを渡す

ChatGPTはURLを渡すことで、URLの記事を参照することができます。

質問の改行方法

Shift+Enterで改行できます。

ChatGPTではEnterキーを押すとすぐに質問が送信されてしまい、改行ができないと思われている方が多い印象を受けますが、改行はできます。

英語の方が正確

ChatGPTは英語で質問して英語の回答をもらった方が正確な情報を得やすいと言われています。これはChatGPTのトレインデータは英語のデータの方が多く、日本語のデータの方が少なかったためです。

このため、状況によってはなるべく英語で情報をもらうといいかもしれません。

英語と日本語の両方で回答をもらうのも使えるテクニックです。

参考記事や文献についての情報をもらう。

前述でも紹介しましたが、ChatGPTは「参考URLもつけて」と言うと、参考URLを付けてくれることがあります。

ChatGPTの回答は信ぴょう性に疑問があるため、情報の確認が必須です。参考URLを付けてもらうことで確認作業の時短につながることがあります。

ChatGPTの注意点

ChatGPTには以下の注意点があります。理解の上ご利用ください。

注意点1:情報の正確性について

ChatGPTは、トレーニングに使用されたデータに基づいて人工知能によって構築された言語モデルです。すべての情報が正確であるとは限りません。そのため、重要な決定をする前には、正確性を確認するために信頼できるソースを参照することをお勧めします。

注意点2: 情報が古い

ChatGPTは、2021年までに公開された様々なオンラインデータをもとに学習したモデルです。そのため、新しい情報については常に最新の状態ではありません。例えば、2022年に発生した事件や新しい科学的発見について、ChatGPTはそれを知りません。

ただし、ChatGPTは継続的に学習を続け、OpenAIによって定期的にアップデートされています。そのため、新しい情報を学習することができ、最新の情報に対応するようになっています。しかし、それでも、最新の情報を必要とする場合は、より専門的な情報源を参照することをお勧めします。

じょじお

ChatGPTの情報は割と間違っていたり、古かったりします。回答は必ず信ぴょう性について確認しましょうね。

まとめ

以上、ChatGPTの使い方のまとめでした。

▲ChatGPTの基本的使い方と、ChatGPTでブログを一から作ってみた記事。

▲ChatGPTの開発元であるOpenAIが提供する画像を生成できるAIを無料で試す方法。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次