MENU
\ ポイント最大46倍! /

【Figma】画像をかんたんに挿入する方法!

新人ブロガー

ブログのアイキャッチに画像を挿入したいの。

先輩ブロガー

Figmaを使えば簡単よ♪
じゃあ今日は画像の挿入方法について学習しましょう。

目次

Figmaに写真を挿入する2つの方法

先輩ブロガー

Figmaには主に2つの画像挿入方法があります。

Figmaの画像挿入方法

  • 方法1:写真ファイルを挿入する方法
  • 方法2:写真挿入プラグインを使ってフリー素材を挿入する方法

方法1:写真ファイルを挿入する方法のメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 自分で好きな写真を使うことができます
  • 写真を用意する必要があります。

もちろんフリー素材の写真を予めダウンロードしておき使用することもできます。

方法2:写真挿入プラグインを使ってフリー素材を挿入する方法のメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • フリー素材の写真を簡単に挿入できます。
  • プラグインによっては複数の画像を同時にワンクリックで挿入できます。
  • 自分で撮った写真を使うことができません。
  • 多くのプラグインは日本語に対応していません。
  • 日本の写真は少なめです。

Figmaに写真を挿入する方法(ローカルの画像ファイルを挿入する)

先輩ブロガー

手持ちの画像ファイルを挿入してみます。

STEP
写真を挿入する場所を確認しましょう。
Figmaでブログアイキャッチに画像を挿入する

▲アイキャッチ画像を作成する中で写真を使うことを想定して、Figmaで上のようなレイアウトをデザインしました。おすすめカメラを紹介する記事用です。

左のグレーの四角いオブジェクトに写真を追加してみたいと思います。

STEP
Figmaの一番左上のメニューをクリックして「画像の配置」をクリックします。
Figmaで画像の挿入方法

▲画面左上にある「Figmaアイコン」をクリックしメニューを表示します。メニューの中の「ファイル > 画像の配置」をクリックします。

STEP
ファイルピッカーが開くので写真ファイルを選択します。
Figmaで画像の挿入方法
STEP
写真を挿入したい箇所を選択します。
Figmaでブログアイキャッチに画像の挿入方法

▲写真を選択するとマウスカーソルが写真のアイコンになります。この状態で写真を挿入したい箇所をクリックします。

今回は、上図のグレーの四角いオブジェクトをクリックします。

STEP
写真が挿入されます!
Figmaでブログアイキャッチに画像の挿入方法

▲写真を選択するとマウスカーソルが写真のアイコンになります。この状態で写真を挿入したい箇所をクリックします。

新人ブロガー

写真を入れるといっきにアイキャッチらしくなったね!

その他の便利な画像挿入方法(ショートカット)

上で紹介した操作には「Ctrl+Shift+K」が割り当てられています。よく使う操作なので覚えておくとよいでしょう!

画像挿入ショートカット:Ctrl+Shift+K

また、他にも下記のような画像挿入方法があります。

その他の画像挿入方法

  • ファイルエクスプローラーからドラッグドロップでファイルを挿入する方法。
  • 「塗り(Fill)」プロパティから画像を挿入する方法。

Figmaに写真を挿入する方法(プラグインを使って挿入する)

Figmaにはフリー素材を簡単に写真挿入できるプラグインがいくつかあります。

先輩ブロガー

3つ厳選して紹介するよ。

Figma 写真系 おすすめのプラグイン
  • Unsplash
  • Content Reel
  • Photos

Figmaプラグイン:Unsplash

Figma画像挿入プラグインUnsplash

Unsplashは、有名なフリー写真素材サイト「Unsplash」の写真を簡単に挿入できるプラグインです。

Figma画像挿入プラグインUnsplash

▲キーワードから写真を検索することができます。

おすすめポイント:シンプルだから使いやすい!

Figmaプラグイン:Content Reel

Figma画像挿入プラグインContent Reel

Content Reelは、画像、テキスト、アイコンを便利に挿入できる人気プラグインです。Microsoft が開発しています。

おすすめポイント:複数写真の同時挿入が便利すぎます!画像以外も挿入できる!

Figmaプラグイン:Photos

Figma画像挿入プラグインPhotos

Photosは、写真素材を挿入できるプラグインです。対応サイトが多い(Unsplash, Google, Flickr, Pixabay, Pexels, Giphy,Tenor)ため、写真の数が豊富です。

おすすめポイント:対応画像サイトが豊富だから写真の数が多い!

Figma画像挿入プラグインの比較

Figma画像の挿入プラグイン比較表
Figma画像の挿入プラグイン比較図
スクロールできます
UnsplashContent ReelPhotos
特徴Unsplashの画像を挿入する 画像以外にも、テキストやアイコンをそうにゅ出来る対応画像サイトが多いので写真の数が豊富。
利用料金無料無料無料:(20枚まで)
有料版:すべての機能利用可能
複数画像の同時挿入×
Unsplashを試すContent Reelを試す
Photosを試す
Figma画像の挿入プラグイン比較表

写真を検索するコツ

ここで紹介したプラグインはいずれも日本語には対応していません。日本素材を検索するときは英語で検索するようにしましょう。

英語が得意ではない方は、翻訳ツールを使うといいでしょう。私はDeepL翻訳を使っています。Ctrl+Cを2回押すだけでいつでも呼び出すことができます。

写真を検索する時のキーワード例

  • Asian:アジアの・アジア人
  • Chinese:中国の・中国人
  • Japanese:日本の・日本人
  • Japanese Landscapes:日本の風景
  • Illust:イラスト素材

プラグインを使えば、ブログのふきだし用アイコン(アバター)も簡単!

Figma画像の挿入プラグインでアイコン簡単作成

プラグインを使うと、こんなアイコンも簡単に作れます。

→【5分で作れる】Figma を使ったふきだし用アイコンの作り方の記事はこちら(記事準備中)

フリー素材の背景を切り抜き方法は?

Figmaなら写真の加工も簡単です。PhotoShopのように背景を切り抜いたり、フィルタをかけたりすることができます。

Figmaを使って、画像の背景を無料で切り取る方法!

まとめ

先輩ブロガー

Figmaで画像を挿入する方法についてご紹介しました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次