MENU
\ ポイント最大46倍! /

【無料でNFT】画像生成AIとNFTが合体した『NFPrompt』の使い方。

こんにちは、画像生成AIのプロンプトを研究している じょじお(@jojio‗illust)です。

「AIアート生成」と「NFT販売」という2つのエキサイトな最先端の技術を、同じプラットフォーム上でシームレスに体感できるサービス『NFPrompt(NFP)』が2023年5月に登場しました。

この記事では、NFPromptの使い方について初心者の方向けに詳しく解説します!

目次

NFPrompt(NFP)とは?

NFPrompt

NFPromptとは、ひとつのプラットフォーム上で「AIアート生成」と「NFTのミントと販売」を同時に行うことができる世界初のサービスです。

公式には「Web3プロンプトアーティストプラットフォーム」という解説がされています。これは、画像を生成するために使用されたプロンプトと一緒にNFTを購入/販売することができるという特徴に理由があるようです。

NFPrompt(NFP)とは
  • AIアートを生成し、そのままシームレスにNFT販売ができるプラットフォーム。
  • プロンプトと画像をあわせてNFTにする。
  • NFTはBNBChain上で取引が行われる。

具体的な内容は次の項で紹介します。

\今ならメール登録だけでNFTが作れる!/

NFPrompt(NFP)の特徴は?

ここからは、NFP(NFPrompt)の特徴をご紹介します。

AIとWeb3がシームレスに融合したプラットフォーム

NFPrompt

NFPromptでは、AIによる画像生成からNFT化までを、同じプラットフォーム上でシームレスに行うことができます。

初心者でも触りやすいAI画像生成ツール

NFPromptの画像生成AIツールは、既存の多くのAI画像生成ツールと似たようなパラメーターを持ちますが、随所に初心者ユーザーのために配慮が見られます。

初心者向けのサポート機能
  • プロンプトの自動変換(Help Me Out):簡素な説明を入力すると、構図やライティングのイメージを持つ言葉を追加してプロンプトを拡張してくれます。
  • ランダムプロンプト:完全にランダムなプロンプトを取得できます。そのまま使ってもいいですし、このプロンプトから新しいプロンプトに改造することもできます。
  • 日本語対応したプロンプト:日本語に対応しています。

画像の方向性をきめるモデルは、「Stable Diffusion」と「Midjourney V5」の2つのモデルを選択可能です。今後新しい独自モデルの公開も予定しているようです。

じょじお

そして、なんと動画作成も可能。

プロンプトと画像をセットで販売する。

NFPromptは、NFTアートとプロンプトをセットで販売します。そして、NFT購入者だけが閲覧可能です。これが「Web3プロンプトアーティストプラットフォーム」と呼ばれる所以のようです。購入者は、プロンプトを取得することで購入した作品に似た作品を作ることもできます。

キャンペーン期間中は無料でNFTを体感できる。

NFPromptで画像生成を行うには、プラットフォーム独自のNFPクレジットを消費します。NFPクレジットは様々なタスクをこなすことで無料で稼ぐことができます。

また、通常NFTを販売するにはガス代と呼ばれるコストがかかりますが、現在NFPromptではキャンペーンを行っており、NFTにかかる費用が全額ディスカウントされます。

つまり、画像生成からNFT出品までのすべてを無料で体験可能です。

※キャンペーンは突然終了する可能性があります。詳細は公式サイトをご確認ください。
※ウォレット連携しているユーザーはガス代がかかる場合があります。

将来的にエアドロップで利益を得られる可能性がある!

NFPromptは、将来的にNFP独自トークンを発行し、NFPで積極的に活動するユーザーにエアドロップすることを明言しています。

エアドロップは、NFPクレジットを多く保有するユーザーに優先的に配布される可能性があります。もし、プロジェクトが上場した場合はトークンを売却することで、思わぬ利益を得ることができるかもしれません。

Tokenomics and Revenue Model

エアドロップとは、仮想通貨やトークンを発行する企業が設定したタスクや条件をクリアすることで、仮想通貨やトークンを無料で入手できるイベントです。

BNBChainトップクラスのプロジェクト

NFPromptはブロックチェーンにBNBChainを採用しています。現在はリリースされてから2か月ですが、既にBNBCahinの中ではトップクラスのプロジェクトとなっているようです。公式からも積極的にプロモーションされていますので、今後もユーザーを増やしそうです。

現状NFPromptは、BNBChainのDAU(Daily Active User)トップ9位、マーケットプレイストップ3位、全てのAI関係クリプトの中でTop1位です。

\今ならメール登録だけでNFTが作れる!/

NFP(NFPrompt)のはじめ方

さっそくNFPromptで、AIアートを作成してみたいと思います。解説はPCの画面を用いていますがスマホでも操作はOKです。

1.アカウントの登録とログイン方法

まずはアカウントを作成します。NFPromptは2つのログイン方法が用意されています。

  1. メールやSNS連携による認証
  2. 暗号資産ウォレットによる認証

「メールやSNS連携によるログイン」は、Web3に慣れていないユーザーのための初心者向けの方法です。暗号資産の購入やウォレットの登録は、Web3初心者にとってはハードルの高いものですが、NFPromptでは、それらを用意しなくても始めることができます。

ただし、正直なところウォレットを使った方が便利なので、既にウォレットを持っている方はウォレット連携によって利用することをおすすめします。

ここでは、まずはお試し利用のため、メールによるアカウントの作成とログインの方法を紹介します。

▼画面右上の「Get Started」をクリックします。

▼「Register or Login With Google/Twitter/Mail」をクリックします。

▼メールアドレスとパスワードを設定して「Continue」をクリックしましょう。外部SNSによる連携を希望する場合は、GoogleかTwitterを選択します。

▼ログインすると画面右上に、初期のプロフィールアイコンが表示されます。

以上がログイン方法の解説です。

2.AI画像を生成してみよう!

では、さっそく画像を生成してみましょう!

NFPromptでは、プラットフォーム専用クレジットを消費して画像生成を行います。アカウント作成したばかりのユーザーは、自動的に10クレジットが付与されているはずなのでそれを使いましょう。

NFPrompt画像生成の特徴
  • 「Stable Diffusion」と「Midjourney V5」の2つのモデルを選択できる。
  • プロンプト生成補助機能がある。
  • NFPクレジットを消費して生成する。

画面上部の「Create」をクリックします。

AI画像生成に必要なプロンプトやパラメータを入力していきましょう。入力するパラメーターは次の通りです。今回はMidjourney‗v5モデルのパラメーターについて解説しています。Stable Diffusionを選択した場合は、若干パラメーターの名前が異なりますのでご注意ください。

①タイプ:ImageかVideoを選択します。今回は、画像を生成しますのでImageを選択します。

②キャンペーン:**開催中のキャンペーンに参加する場合はここで選択できます。キャンペーンについては後述しますが、参加することで様々なメリットがあるので積極的に参加したほうがいいでしょう。

③モデル:モデルは出力されるモデルの大まかな方向性やクオリティに影響します。現在は下記の2つのモデルを使用できます。

使用できるモデル
  • Stable Diffusion(1クレジット消費):全体的に標準的なモデルです。
  • Midjourney_V5(3クレジット消費):高解像度でプロンプトの理解に優れたモデルです。名前のとおり画像生成AIツールMidjourneyに非常によく似た画像を生成できます。

④イメージプロンプト:**参考にしたい画像がある場合はイメージプロンプトとして、ここにドラッグアンドドロップでアップロードします。イメージプロンプトを使うことによって、AIに対して画像のイメージの明確に伝える手助けとなります。これはオプショナルなパラメータで必須ではありません。

⑤テキストプロンプト:テキストプロンプトはどのようなイラストを生成したいかをAIに伝えるための最も重要なパラメータです。英語で画像のイメージを伝えましょう(一応日本語にも対応しているようですが、翻訳の精度は完璧ではないことを考えると英語で記述したほうがいいでしょう)。英語が苦手な方はDeepL翻訳をおすすめします。

プロンプトに慣れていない方は「Help me out」機能や「Ramdom Prompt」機能が便利です。

⑥ネガティブプロンプト:ネガティブプロンプトは画像に含めてほしくないものを記述します。

⑦スタイル:スタイルはオプショナルなパラメータですので、どれも選択しなくても画像を生成できます。この場合、どのようなスタイルになるかは、テキストプロンプトやイメージプロンプトから判断されます。

アスペクト比:画像の縦横比を決めます。スクエア[1:1]や、スマホ向け[9:16]などがあります。

Chaos(カオス値):カオス値を高くすると面白い構図になります。カオス値が低いほどプロンプトに忠実なイラストになります。

Stylize(スタイライズ値):スタイライズ値を高くすると芸術性の高い華やかな絵になります。⑪Tile:シームレスタイルを作る時にオンにします。シームレスタイルとは、同じ画像を複数連続して並べたときに、つなぎ目のないデザインのことです。

⑫Seed(シード値):シード値は各画像に割り振られた乱数です。作成済みの画像と同じような画像を生成したい場合に、その画像のシード値をセットすると、似た画像を生成できます。キャラクターの顔を固定したまま、コスチュームだけ変えたい時などに便利です。使用しない場合は空にします。

⑬Strage:今後リリース予定の機能のようです。

必要な情報を入力したら画面をスクロールした一番下の「Create Now」をクリックします。

数秒待つと画像が生成されます。

3.NFT化

どのモデルでも4つのバリエーション画像が生成されます。気に入った画像があればこのままNFTにできます。画像をひとつ選択して名前を入力しましょう。気に入る画像が無い場合は、×ボタンで閉じて再実行できますが消費したクレジットは戻らないので注意してください。

価格を入力します。単位はBNB(バイナンスコイン)です。今回は0.02BNB(約692円)と入力しました。

ここでガス代の支払い画面が表示されます。本来は0.0007BNB(約24円)かかるようでしたが、キャンペーン中につき0円でした。Confirmボタンをクリックして次に進みます。

4.NFT作品をみてみよう。

自分の作品を見てみましょう。

ユーザーがリスト(NFTとした公開)した作品は、画面上部の「Explore」メニューから確認できます。出品して直ぐであれば、新着順にすれば自分の作品を確認できるでしょう。自分だけの作品を見る場合は、[画面右上プロフィールアイコンクリック → My profile]から表示できます。

■画像生成のヒント

AI画像生成のプロンプトは、初めて触る方には難しいものです。公式のDiscordサーバーのチャンネルでは、一部のユーザーがNFPromptで生成した画像をプロンプト付きで公開していてプロンプトのヒントを得ることができますので初心者の方は参加してみるといいかもしれません。

NFPrompt – Promptstormingチャンネル

画像生成のためのクレジットを稼ごう!

画像生成のためのNFPクレジットは、アカウント作成時に10クレジット付与され、最大で10回の画像生成ができます。たくさん画像生成を行うために、かんたんなタスクをこなして増やしていきましょう。また、先述したように、クレジットを獲得することはエアドロのチャンスを広げます。積極的に狙っていくようにしましょう。

クレジットを稼ぐためのタスクの例
  • 画像生成してNFT化(5p)
  • 連続ログインボーナス(1~20p)
  • Twitterアカウントのフォロー
  • Discordサーバーへ参加
  • キャンペーンで投票する
  • キャンペーンでランキングに入る

もっとも稼ぎやすいのは、連続ログインボーナスとNFT化ボーナスです。

NFT化すると1日10回まで5クレジットのボーナスが獲得できます。画像生成1回に1~3のクレジットを消費しますので、多少ロスがあるとしても、1日数回のプレイで少しずつクレジットを増やしていくことができるかと思います。

キャンペーンについて

NFPromptには、常になんらかのキャンペーンが開催されていて、アニメの二次創作イベントや、他のプロジェクトとのコラボなど様々な内容があります。

キャンペーンはクレジットを大きく稼げるチャンスがあり、賞金がもらえることもあります。参加することでクレジットを多く消費することはありませんので、どんどん参加すると良いでしょう。

参加条件はそれぞれ異なりますので、参加する場合はキャンペーンごとのガイダンスを事前に確認しましょう。

じょじお

例えば、ブルース・リーキャンペーンでは、ブルース・リーをモチーフにしたNFTアートでコンテストが行われました。

\今ならメール登録だけでNFTが作れる!/

NFTを購入する場合は仮想通貨BNBが必要です。

アーティストとして参加するだけであれば、今のところ暗号資産の購入は必要ありませんが、もし、1日の無料ガス代を超えてNFTを作成する場合や、NFTアートを購入する場合は、仮想通貨であるBNB(バイナンスコイン)が必要になります。

BNB(バイナンスコイン)とは?

BNB(バイナンスコイン)は、NFPromptが採用するBNBChainブロックチェーンで利用される仮想通貨(暗号資産)です。仮想通貨ランキングでは5位以内にランクインしています。

BNB(バイナンスコイン)の購入方法は?

BNB(バイナンスコイン)は、ビットコインやイーサリアムのように日本の仮想通貨取引所で取り扱われる通貨ではないのため、海外の仮想通貨取引所で購入する必要があります。購入の際は、日本語に対応する下記の2つの取引所がおすすめです。

おすすめの海外の仮想通貨取引所

本来はバイナンスが発行している暗号資産であるため、バイナンスで購入するのが一番良いのですが、残念ながら現在、日本人がバイナンスで口座を開設することはできません。これは、2023年に公開を予定する日本人向けサービス「Binance Japan」の準備のためのようです。Binance Japanが稼働開始すれば、もっとかんたんにBNBを購入できるようになるかもしれません。

まとめ

以上、NFPromptについて解説しました。

私も使用してみましたが、MidjourneyモデルはかなりMidjourneyに近い画像が生成できるので驚きました。

皆さんも新しい「AI+Web3」の世界を体験してはいかがでしょうか。

■関連リンク

\今ならメール登録だけでNFTが作れる!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次