MENU
お知らせバーです。

テゾスを購入してウォレットに送金する手順を徹底解説します!

こんにちは、画像生成AIでひたすら猫のイラストを生成している じょじお(@jojio‗illust)です。

この記事はテゾスを使ってNFTの売買を考えている方を対象に、テゾスの買い方とNFT売買するための準備の手順を解説する記事です。

私のように、自分の作品をテゾスマーケットでNFTとして販売したいと考えている方も参考になるかと思います。

この記事は作成途中です。

▲AI画像の大量ファイルをプロンプトと一緒に簡単に整理する方法はこちら。

無料のプロンプトガイド

Stable Diffusionのプロンプトエンジニアリングの基本について理解したい方には、初心者向けのプロンプトガイドを作りましたのでそちらを見てください!

目次

テゾス(Tezos/XTZ)を買う理由。

この記事では、テゾスを購入の理由として、テゾスネットワークを使ったNFTマーケットで、NFT販売・NFT購入するために購入します。

テゾス(Tezos/XTZ)の買い方は?

テゾスは、テゾスを扱っている日本国内の暗号資産取引所で購入できます。

この記事ではGMOコインでの購入方法について解説しています。

私がGMOコインにした理由

暗号資産取引所によっては、テゾスを購入できても、ウォレットに送金できないところがあります。また、ウォレット送金に手数料がかかるところもあります。

GMOコインは下記の点で安心でした。

GMOコインのメリット

GMOコインのメリット
  • 現物取引でテゾスを購入できウォレット送金が可能。
  • ウォレットの送金手数料がかからない。
  • 口座開設がめちゃ速い。
テゾス購入はこちら

テゾスをウォレットに送金するまでに必要な手順は?

この記事では、1,000円分のテゾスを取引所で購入して、ウォレットに送金までの解説となります。

テゾス購入からウォレット送金までの5つのステップ

下記の5つのステップです。

  1. GMOコインで口座開設
  2. GMOコインに日本円を入金(テゾス購入資金)
  3. GMOコインでテゾスを購入
  4. テゾスウォレットを作成
  5. GMOコインからテゾスウォレットにテゾスを送金

上記を行えば、Objkt.comなどでNFTを売買を始めることができます。

テゾス購入までに必要なもの

この記事で解説する内容には下記が必要です。

  • 本人確認書類
  • PCまたはスマホ(本記事はPCでの操作解説)
  • テゾス購入資金として1,000円

NFT出品にもガス代がかかるため、テゾスが必要です。NFTを出品するまでに必要なテゾスは100円前後です。ただし、GMOコインではテゾスの送金は最低5テゾスからとなっています(現在のレートで5テゾスは750円ほど)。このため、最低5テゾス購入すればいいでしょう

テゾス購入はこちら

1. GMOコインに口座を開設する。

【GMOコイン】にアクセスして、トップページの図の箇所にメールアドレスを入力して、無料口座開設をクリックします。「ロボットではありません」のチェックも忘れないでください。

▲入力したメールにGMOからメールが届きますので確認しましょう。メールを確認して本文中のリンクをクリックします。

パスワードを設定します。

メールアドレスパスワードを入力してログインします。

▲電話番号による認証のために電話番号を入力します。

コードを送信するをクリックします。

▲電話に届いたSNSを確認し、PC画面にコードを入力します。

▲認証が完了します。「開設申込へ進む」をクリックします。

▲個人情報を入力します。

▲入力した情報が表示されますので、確認後問題なければ、同意事項を確認のうえチェックをします。チェックしたらご本人確認書類の提出へをクリックします。

②かんたん本人確認(本人確認書類の提出)

▲本人確認方法を選択します。審査時間の短いかんたん本人確認がおすすめです。本人確認書類を撮影の「選択する」をクリックします。

  • かんたん本人確認
  • 画像アップロード

▲かんたん本人確認はスマホで行います。表示されたQRコードをスマホのカメラアプリで読み取りましょう。

これ以降の作業はスマホで行います。

スマホでの操作

▲本人確認の3つのステップが表示されます。確認したら「本人確認を始める」をタップします。

▲本人確認書類を選択します。私はマイナンバーカードを選択しました。

利用可能な本人確認書類
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード
  • 運転免許証明書
  • 特別永住者証明書

※2023年04月30日時点

▲マイナンバーカードは裏表の2面撮影します。次へ進むをタップしましょう。

▲あとは指示に従って写真撮影を行っていきましょう。

承認待ち。

2. MGOコインに日本円を入金する。

▲GMOコインの会員ホームページの画面左側「入出金」のところにある「日本円」をクリックします。

▲入金に使用するインターネットバンキングに対応した銀行を選択します。上半分に記載されている銀行から入金すれば、購入したテゾスをすぐにウォレットに送金することができます。

それ以外の銀行から入金する場合は、テゾスをすぐに送金することができず、7日間後から送金可能になります。私はすぐに送金できる銀行口座を持っていなかったので、地方銀行を選択しました。

インターネットバンキング以外にも、ATM、銀行口座から振り込みにて入金することもできるようです。

▲入金すると、GMOコインの会員ホームページ画面右上の「口座情報」に入金金額が反映されます。私はインターネットバンキングを利用しましたが、すぐに反映されました。

3.テゾス(XTZ)を購入する。

日本円が入金できたらテゾスを購入します。

▲GMOコインの会員ホームページの左側メニュー「販売所」をクリックします。中央に銘柄の表が表示されるので、その中からxtz(テゾス)をクリックします。

xtz(テゾス)を選択したことで、画面右側にxtz(テゾス)のレートが表示されました。

▲購入する金額を入力し購入ボタンをクリックします。私は1000円分のテゾスを購入しました。

「5テゾスだけ買いたい」という場合は、図①のところ「数量限定(XTZ)」をクリックして、金額に「5」と入力します。

▲内容を確認して「確定」をクリックします。

4. テゾスウォレットを作成します。

続いて、テゾスウォレットを作成します。

テゾスは口座にあるだけでは使用できません。テゾスをガス代などとして使用するには、テゾスに対応したウォレットに送金する必要があります。

/

送金の前にテゾスウォレットを作成しましょう。すでにウォレットをお持ちの方はスキップしてください。

5.テゾスを送金する

①GMOコインにテゾスウォレットを登録する

②テゾスを送金

(工事中)

テゾス購入はこちら

FAQ

本人確認ができない。

かんたん本人確認が利用できない場合は、画像アップロードによる本人確認方法がありますのでそちらを利用するといいでしょう。

NFTで出品にもテゾスは必要?出品にはテゾスをいくら買えばいい?

NFT出品にもガス代がかかるため、テゾスが必要です。NFTを出品するまでに必要なテゾスは100円前後です。ただし、GMOコインではテゾスの送金は最低5テゾスからとなっています(現在のレートで5テゾスは750円ほど)。このため、最低5テゾス購入すればいいでしょう。

テゾスはメタマスク(Metamask)ウォレットに送金できますか?

できません。メタマスクはEtheriumチェーンのウォレットのため、テゾスには対応していません。

注意事項

【暗号資産の投資や売買についての注意事項】

※本記事の内容は、記事の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本記事の内容は、本記事で紹介するサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。

※暗号資産(仮想通貨)取引は、元本を保証するものでなく、価格変動により損失が生じるリスクがあります。お取引される際には、取引内容をよく理解し、ご自身のご判断で行ってください。

※本記事で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

【GMOコイン】

参考

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次